ベルヨシダ 今日も平常心

自称・横浜一の即興劇演者、オセチ・オ・セッチ主宰ベルヨシダの徒然記

レナパン生誕祭

  

 

 

こんにちは!

 

 

遅ればせながら13日のレナパン生誕祭、沢山の笑顔に囲まれて無事終演致しました。

 

 

 

夏前から動いていていたと聞いてましたこの記念すべきバースデーライブ

参加、見学した稽古はどれも楽しく、そして様々に学ぶべき事が多かったです。

 

 

 

僕やオセッチメンバーは制作助手、当パン作成や即興照明、音響、そして出演者としてほば全てのプログラムに関わりました。

それぞれが、良い経験になったのではないでしょうか^_^

 

 

 

改めて、レナパンお誕生日おめでとうございます。

 

 

 

レナパンは元々、大ファンの声優さんが所属している即興劇のユニット、teamDICE☆Kの公演をキッカケに即興を知り他団体も観劇する内に、僕とも知り合ったインプロ界のマスコット的存在です。

 

 

今回の誕生日イベントを開くにあたり、レナパンのお祝いのために様々なチーム、遠方からもプレーヤーが集まり

気がつけば総勢51名のプレーヤー、そして沢山のお客様が集まる一大イベントになりました。

 

 

 

僕も生誕祭開くって言ったら、こんなに集まってくれるかしら(笑)

 

 

 

僕の出演は第1部の「こうちゃん日記出張版」と第2部「即興・紅白歌合戦」の二本でした。

 

 

 

朝の第1部「こうちゃん日記出張版」では鳥取から次郎ちゃんも駆けつけてオセッチ全員集合!

即興ミュージシャン込みで、出演者10人で駆け抜けたあっという間の60分でした。少し時間巻きました。

朝一からかなり濃ゆい、プログラムだったのではないでしょうか。

f:id:bell-yoshida888:20181016190900j:plain

f:id:bell-yoshida888:20181016190904j:plain

f:id:bell-yoshida888:20181016190925j:plain

f:id:bell-yoshida888:20181016190921j:plain

 

 

 

そして、ラストのシーンで主人公を見事演じきった阿沙花が、プログラム毎に最も活躍したプレーヤーに与えられるレナパン賞を獲得!

 

 

 

f:id:bell-yoshida888:20181014153851j:image

 

 

オセッチ全員集合のステージは笑いと感動のシーンを織り交ぜた怒涛の展開で幕を閉じました。

 

 

 

そして、第2部の即興・紅白歌合戦 

全てを即興ソングでお送りする歌の祭典、その序章に出演しました。

f:id:bell-yoshida888:20181016185612j:plain

 

 

白組のメンバー

f:id:bell-yoshida888:20181016185922j:plain

 

MCのひろきゅん、ひろきゅんの進行なくして物凄い盛り上がりはあり得ませんでした。

f:id:bell-yoshida888:20181016185930j:plain

 

 

紅組の皆様。元気ソングから甘い歌声のバラード、R&Bまでバラエティ豊富な強敵でした。

f:id:bell-yoshida888:20181016185942j:plain

 

 

 

そしてソロコーナーで僕は「ガパオライスとTシャツと私」と言う曲を披露しました。

(タイトルも歌い出しの瞬間に貰います。)

 

 

 

この写真、熱気が伝わる良い一枚かも知れませんが、歌っているのはガパオライスの歌です。 f:id:bell-yoshida888:20181016190404j:plain

 

 

 

歌ってる僕自身もどんな歌になるか分からない中

気が付けば日暮里名物のガパオライスをTシャツにぶちまけたと言う内容になりました(笑)

 

 

 

実は歌っている最中、ガパオライスだと思って思い浮かべてたイメージが

もしかしてタコライスじゃないか?と迷いながら歌っておりました…

 

 

 

そんな重大な(?)ミスを同じチームメイトの皆様の素敵な歌唱力でリカバーして頂き

結果は我らが白組が僅差で優勝、ご来場されたお客様にも好評価とのお声を頂きました。また参加したいです!

 

  

 

朝から晩まで即興尽くしのバースデー公演は他チームの公演も大盛況!

 

 

 

主宰のレナパンもとても喜んでくれてました。

 

 

 

さて、僕は冬に出演する即興劇がすでに動き出しております。

 

 

 

また、情報は随時発信していきますので

どうぞお楽しみに。