ベルヨシダ 今日も平常心

自称・横浜一の即興劇演者、オセチ・オ・セッチ主宰ベルヨシダの徒然記

叶えたい事

僕が日々実感した事のフィードバック。

 

叶えたい事、夢を現実にする事は全て、ご褒美である。

 

自分で掴み取ると言う事は、他人を排し自分を優先して行動する事じゃなくて

 

丹精込めて農作物を育てる様に、自分がいかに世の中に貢献できるかを考え、たどり着いた時、その成果がご褒美として自分に還ってくる。

 

誰でも彼でも、て訳には行かないし犠牲になる事と分別つけて、勘違いしてはいけないけれど

 

その貢献と還元を繰り返し少しずつ、善の輪を大きくしていく。

 

方法は自分がしたい事、できる事からで構わない。

 

見返りを求めたら苦しいし、利用されてると思ったら、即座に離れる事も構わない。

 

それに貢献はかまうだけではなく、時として何もしない事だって貢献になる事だってある。

 

その人に本当に必要な事は何なのか、おこがましいかも知れないけどそこに考える焦点を当てる。

 

情けは人の為ならず。